(リストイット)は、リストバンドのように腕に巻付けられるメモです。
買い物リスト、今日やることリスト、急ぎの確認事項、大切な連絡先など、大事な用事や忘れちゃいけない用件をさっと書いたら、そのまま輪にして腕に。
普通のメモと違って、必要な間は常に身に付けていられるので、「うっかり忘れる」ことがなくなります。

用事を済ませたら、ピッとはずして一件落着。
スマートでお洒落な実用アイテムとして、ぜひご活用ください。
1色×20枚入りの「LIST-IT 20」と100枚入り(10色×各10枚)の「LIST-IT 100」の2タイプがありますので、ファッションに合わせて好みの色をセレクトしたり、用途に合わせて使い分けられます。

このデザインを手がけた松岡厚志さんに、LIST-ITについてお聞きしました。

手にメモしている女性をよく見かけます。コンビニバイトの高校生。注文を覚えられない居酒屋店員。
せっかくキレイな手をしてるのにもったいないなあ、と感じていました。
そんな時、ふと閃きました。「メモできる紙をリストバンドみたいに巻けたら良いのでは?」

― LIST-ITで一番こだわっているところはなんでしょうか?

商品名です。リストイットの「リスト」は、手首のリストと用事のリストをかけています。
耳馴染みが良いらしく、すぐに覚えてもらえます。

― LIST-ITを商品化する際に一番苦労したところはなんでしょうか?

「いかに外れにくくするか」です。
せっかく腕に巻いても、いつの間にか外れて紛失してしまってはメモの意味がありません。
そうして考えた末に、ジョイント部分(小さい丸の方)で留め具となるような切り込みを入れました。
糊を使わずに、紙の構造だけで「外れにくさ」を実現しています。