HOME >

STORE / ストア

> 記事
「STORE ルビンTシャツ」のモノがたり 國時 誠(STORE) 2010/07/16 Friday 09:30:00
STORE ルビンTシャツ XSサイズ PU/DPU RTXS001
STORE ルビンTシャツ XSサイズ PU/DPU RTXS001
¥5,400
dpポイント:150pt

この商品にグッときた!



購入はこちら
記事のテーマ:
[インタビュー] モノがたり
 
 
STORE ルビンTシャツ


有名なだまし絵「ルビンの壺」を中央にプリントしたTシャツ。
上下それぞれに横顔がプリントされた40色の生地を縫い合わせてできています。

上下の生地・プリントの組合せは一つとして同じものはありません。
組み合わせ方次第で、着る人を選ばない、誰にでも似合う、そんなTシャツです。
このデザインを手がけたSTOREの國時くにとき誠さんに、ルビンTシャツについてお聞きしました。


STORE ルビンTシャツ


― ルビンTシャツを作ろうと思ったきっかけや理由はなんだったのでしょうか?

Tシャツは服のカテゴリーの中では一番、グラフィックで遊び心を表現できるアイテムですので、お客さんには直感的に気軽に選んで頂きたいなと思っています。

「楽しさ」をお客さんと共有したいという想いが、デザインのきっかけとなっています。


― ルビン柄を選んだ理由は何だったのでしょうか?また横にしている理由は何だったのでしょうか?

世界中の人が知っている柄だけど、横にすることで一見なんだか分からない模様になってしまうところが気に入っています。


― 上下を組み合わせるというのは、どのように着想したのでしょうか?

組み合わせ方次第で、ど派手にもシックにもなる、特定の人ではなくTシャツが好きな人ならば老若男女に関わらず着ることが出来る、「そんなのって出来ないかな?」と考えていた時にルビンT-シャツのアイディアがひらめきました。


― 素材にはこだわりがありますか?

40/2という編み地の糸の太さがあるのですが、Tシャツはこの厚みがベストと思っています。


― 一番こだわっているところはどこですか?

Tシャツのボディの色は40色なのですが、Tシャツボディの色×プリント色(ルビンの壷柄)の組合わせが同じ物は1つとしてありません。

初めて作った時250枚プリントしたのですが、組み合わせの可能性を計算したところ、なんと40万通りという数字になりました。

ルールはありますが、「すべて違う」という所にこだわりを持っています。


― 商品化する際に一番苦労したところはなんでしょうか?

プリントの行程です。同じ色の組み合わせが出来ないよう、仕分けをする作業に手間がかかります。


― 「服の行商」という形で、さまざまなイベントやパーティーなどでルビンTシャツを、その場で作るライブ販売を行っていますが、始めたきっかけはなんでしょうか?

2005年頃に1枚のシャツをトランクに入れ、友人やデザイン事務所などを訪ね歩いたのが行商をスタートするきっかけでした。

最初は知り合いに見てもらっていたのですが、そのうち「STOREの服に興味持っている人がいるんだけど、、」と紹介して頂いたりして徐々に輪が広がり、服を見てもらう機会が増えていきました。

この1、2年は国内各地からサンフランシスコまで、旅するように「服の行商」に出かけています。


STORE ルビンTシャツ

写真:行商先の様子。ミシンとTシャツを持って各地を飛び回っています
西荻窪の「STORE」の店や行商先では、上下のパーツをその場で選びT-シャツを作る「ライブ販売」も行っています。


STORE ルビンTシャツ

写真:着たイメージ。170cm/65kgの男性、Mサイズを着用。


デザインポケットでは特設ページを公開中!詳しくはこちら>>>

desinger profile

國時 誠 / Makoto Kunitoki と 國時 里織 / Saori Kunitoki   國時 誠 / Makoto Kunitoki

群馬県高崎市出身 1975生
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科 ファッションコース卒

美大在学中に友人数名でSTOREをスタート。ファッションを主題に行ったパフォーマンス「FASHION SHOW」が話題を呼び、2000年、東京都現代美術館(MOT)で開催された「三宅一生―ISSEI MIYAKE MAKING THINGS」の関連企画として、80年代より現代美術を牽引し続けた今は無き佐賀町エキジビットスペースにおいて「00'COLLECTION」を開催。二日間の公演で500人以上を動員し好評を博した。
2006年、トランク一つで服を売り歩く「服の行商」を始める。ストアの服を持参してアーティストの共同アトリエ、出版社の応接室、小料理屋の座敷等、約2年間、80箇所で行商を行った。2008年より「人と場」を求め、全国行脚を開始。

現在 主にプロジェクトの企画立案、服のデザイン、テキスタイルを担当


國時 里織 / Saori Kunitoki

東京都杉並区出身 1977生
文化女子大学 家政学部 服装学科卒

(株)東京スタイル、(株)ミナにてパタンナーとして5年間勤務したのち、2006年、衣裳工房いのや井上照章氏に師事。現在まで国内主要バレエカンパニーの衣裳製作に携わる。2007年より、STOREに参加。同じく2008年より「人と場」を求め、全国行脚を開始。

現在 主にパターンメイキングをはじめとする、服作りに関わる技術面のすべてを担当


― 好きなイロ

単色では全ての色が奇麗だと感じていますが、特に好きな色は「緑色」です。


― 好きなカタチ

球体。


― 座右の銘

特にないです。


― デザインするときに一番気をつけている点

他にないことと、シンプルであることです。


― STORE(ストア)を立ち上げたきっかけやエピソードなど

今は夫婦で活動していますが、立ち上げたのは12年前の学生の時で、美大の友人8名でスタートしました。

当時はイギリスのクリエイティブチーム「TOMATO」がまぶしくて、、資生堂銀座アートギャラリーで開催していたTOMATOのインスタレーションを見た帰りになんだか熱くなってしまって、下北の友人の下宿先でひたすらチーム名を考えました。

その時に決まった名前が「STORE」です。


― 今後の活動予定や、将来的にどのようなことに取り組みたいと思っていますか?

彫刻家保井智貴(http://www.yasuitomotaka.com/)とのプロジェクト「calm」、アートプロジェクト「TERATOTERA」(http://teratotera.jp/)でも活動しています。

「calm」では展示を2度行っていますが、蟻を沢山(現在750匹)作りました。

妻の舞台衣裳も含め様々な分野で意欲的に取り組んでいくことが楽しいです。


STORE / ストア  

STORE / ストア

國時誠と國時里織による旅情派ファションブランド。
これまでに東京・大阪・群馬・鳥取からサンフランシスコまで、旅するように発表を行ってきた。
色を組み合わせ、目の前で縫製するTシャツライブ販売や、彫刻家とのコラボレーション、ギャラリーや国立新美術館での行商など、アート的なアプローチによる活動も多数。

http://www.storestore.net/

STOREの商品をすべて見る>>


この商品にグッときた!

購入はデザインポケットで
こちらもオススメです
かみの工作所 かみのかけら
 
 
かみの工作所 かみのかけら
 
 
更新情報のおしらせ
Twitter @goodsfan facebook goodsfan RSS
みんなのグッときた
Review
・ [インタビュー] モノがたり
・ 普段の暮らしをデザインする
・ 良い仕事を生む環境作り
・ 料理は楽しく、食事は美味しく
・ 携帯する、身につけるデザイン
・ 機能とデザインを兼ね備えた家電
・ 身近だけど奥深い 紙という素材
・ 私のセラピスト 癒しの動物たち
・ 片付けられないあなたへ
Search Items
QUARTER REPORT ベビーブルマ ピジョン
SAKURASAKU glass 桜色 / サクラサクグラス さくらいろ
マイサイン作成キット
QUARTER REPORT ナーシングケープ ディンキー
種類別で探す
・ ■ ステーショナリー
・  ├ 筆記用具
・  ├ ペンホルダー・ペンケース
・  ├ ノート・付箋・メモ
・  ├ メッセージカード・レター
・  ├ ブックカバー・ブックマーク
・  └ その他文具
・ ■ デスク&ビジネス
・  ├ パソコンバッグ
・  └ ビジネス小物
・ ■ キッチン・ダイニング
・  ├ 食器・カトラリー
・  ├ カップ・グラス
・  ├ テーブルウェア
・  ├ キッチンツール
・ ■ 生活雑貨
・  ├ 生活家電
・  ├ ファブリック小物
・  ├ 敷物・カーテン
・  ├ 玄関小物
・  ├ ゴミ箱
・  └ バス&トイレタリー
・ ■ インテリアアクセサリ
・  ├ インテリア小物
・  ├ ガーデン雑貨・花器
・  ├ ティッシュケース
・  ├ 照明器具
・  ├ アロマ・フレグランス
・  ├ オブジェ・デコレーション
・ ■ クロック&ウオッチ
・  ├ 壁掛け時計
・  ├ 置時計
・ ■ ファッション・服飾小物
・  ├ 服・Tシャツ
・  ├ バッグ・ポーチ
・  ├ アクセサリー
・  ├ 自転車用品
・ ■ ベビー・キッズ&ママ
ブランドで探す
キーワード検索
価格帯から探す
・
・
About Us
本サービスは、デザイナー向け通販サイト[デザインポケット]で取扱のある全てのデザイングッズを、ご購入前に検索できる新しいサービスです。
詳細>>
Presented by
designpocket[デザインポケット]

このブログパーツをゲットする
モノづくりの匠たち